“スポーツマネジメント”と聞いて皆さんは何を思い浮かべるでしょうか?吉本興業社のような、タレントマネジメントを想像される方もいれば、スポーツ関連のイベントを運営するような仕事をイメージをする方もいらっしゃるかもしれません。

本項では、スポーツマネジメントを主な主戦場とする企業が、どのような仕事をしているのか、簡単にまとめます。参考程度にご一読いただけますと幸いです。

平均年収

350万円

業務内容の内訳

・選手のライフスタイルのサポート
・遠征や試合のコーディネート
・TVやイベントの出演交渉
・セカンドキャリアに向けたサポート
・スポンサーやサプライヤー獲得の交渉
・ブログやSNSの運用
・オフィシャルグッズの製造や販売
・スポーツ教室の企画と運営

業務内容

・選手のライフスタイルのサポート

選手以外の生活面を総合的にサポートする業務です。選手にとっては複雑な税金や保険などのコンサルティング、各手続きを代行します。また、セカンドキャリアについての相談や支援も行います。

・遠征や試合のコーディネート

遠征や試合の際に、宿泊施設や練習場の手配を行う業務です。チームスポーツの場合はクラブが手配を行いますが、個人スポーツの場合は主に選手個人が行います。そこに対して、選手の代行で各手配を行います。

・TVやイベントの出演交渉

選手にとってはかかせない要素の1つとなったメディアへの出演交渉を行います。メディア露出を増やしつつ、選手としてのコンディションも維持しなければならない業務です。そのためにはTV局やスポーツ関連企業、広告代理店などとのネットワークが必要となります。

・スポンサーやサプライヤー獲得の交渉

自身と契約をしている選手に対しての金銭的なサポートをしてくれる企業との交渉を行います。マイナースポーツや個人競技のアスリートにとっては、スポンサー獲得が不可欠となります。また選手が使用する道具やユニフォームを提供してくれる企業へのプロモーションも行います。

・ブログやSNSの運用

現代のアスリートにとって大事な役割を担うSNSの運用を、選手の代行として行います。契約や移籍などの情報だけでなく、私生活など普段のメディアでは見せない面を発信していきます。選手のブランド価値の向上と、世間へのメッセージを伝える大切な業務です。

・オフィシャルグッズの製造や販売

選手のオフィシャルグッズをメーカーと協力しながら、製造と販売を行います。アイテムやデザインを決定して、選手のブランド価値向上や収入増の役割を担う業務です。1からの提案となる場合もあるので、グッズやプロモーションに関する幅広い知識が必要です。

・スポーツ教室の企画と運営

アスリートをゲストや講師としたイベントの、企画や運営を行う業務です。スポーツ教室やトークイベント、ファンとの交流会などを選手と共に作ります。外国人選手や海外でプレーする選手の企画や運営は、大変ですがとてもやりがいがあります。

企業例

・スポーツマネジメント株式会社
・ワールドスポーツコミュニティ株式会社
・株式会社スポーツビズ
・株式会社ジェイロック
・Footbank株式会社
・イーマ株式会社