スポーツをしたことがある人であれば、「アシックス」というメーカーを知らない人はいないだろう。同社は日本だけでなく、世界からの認知度も高い。

現在のアシックスのイメージこそ、「オニツカタイガー」が牽引するように近代的でありファッショナブル、世界でもリスペクトされるスポーツメーカーの一つですが、実際は戦後の混乱期に創業者の鬼塚喜八郎の壮絶な努力のもと生まれ、激戦が続くスポーツメーカーで勝ち残っている努力企業だ。

本記事では、そんな世界でも地名どの高いアシックスの歴史から、アシックスの現在に至るまで、そして今後の展望を解説する。

アシックスの名前の由来

多くの人が、同社の「asics」の由来について気になったことがあるのではないだろうか。

そして、まことしやかに語り継がれていたのは「足」と結びつけた由来を信じている人も少なからずいるのではないだろうか。

実際は、古代ローマの風刺詩人・ユウェナリスの詩に由来すると言われている。

同詩には「(もし神に祈るなら)健やかな身体に健やかな精神をと祈る(べき)」という言葉がある。

「健やかな身体に健やかな精神を」のラテン語「Mens Sana in Corpore Sano」の「Mens(才知)」を「Anima(生命)」に置き換え、その頭文字をとったものが「A・S・I・C・S(Anima Sana In Corpore Sano)」となる。これが同社名の由来である。

また、この言葉はアシックスの経営理念でもあり、「スポーツを通じて世界中の人々に健康で幸せな生活を送ってほしい」という願いが込められていると言われている。

アシックスの歴史

同社の歴史は、1949年から始まった。終戦直後、非行に走る少年、売春婦になる少女をみて、自分の一生を「青少年の育成」に捧げることを決意した鬼塚毅八郎がアシックスの前身となる「オニツカ株式会社」を創業した。

1950年に、初めてのバスケットボールシューズを製作し、販売を始めた。当時の技術では実現が難しかったバスケットボールシューズの製造。

まず最初に、最も難しいと言われていたバスケットボールシューズに取り掛かったのは、「最初に高いハードルを飛べば、その後のハードルも越えることができるようになる」という鬼塚の考えからだそうだ。

その後、1964年の東京五輪で多数の海外選手にオニツカシューズを提供した。それが功を奏し、製品提供を受けた選手たちが続々とメダルを獲得し、世界的な認知拡大が広まったのである。

そこから業績は右肩上がりで伸び続け、東証2部への上場、デュッセルドルフへの販売法人の設立など、組織規模の拡大を進めていった。

1977年、3社の合併で「アシックス」が設立される。
オニツカ株式会社、株式会社ジィティオ、ジェレンク株式会社の合併により世界制覇を目指し、現在の「アシックス」が発足した。

その後も、成長を続け、海外での販売比率が売上の全体の50%を上回るようになり、本社機能と日本死者を切り離すなど、組織の規模の拡大に伴って、組織編成にも変化をもたらしてきた。

そして、2020年東京五輪のゴールドスポンサーとして名前を連ねるほどの規模に成長していった。

アシックスの今年の売上の推移と現在の立ち位置

2018年12月期第一四半期は、同社にとって非常に厳しいものであった。アメリカ・カナダ・日本国内で苦戦を強いられ、減収・減益まで陥ってしまった。

新興マーケットである中国は20%増と好調ではあったが、既存のマーケットを継続することができなかった。

大きな理由としては、直営店ビジネスの拡大による経費増が影響している。それにより販管比率が上昇し、売上が上がらなかったため、利益をあぱくしてしまったことがあげられる。

また、現在はスポーツメーカーの中で、世界3位を保っている。

しかし、アンダーアーマーやPUMAなどの底上げもある中で、2位のアディダスとの差は開く一方である。非常に余裕のない状況であることには変わりない。

アシックスの採用の状況

同社は、毎年新卒採用・中途採用に大きく注力している。募集人員数は不明ではあるが、昨年はアシックス本社に新卒として入社した人材の数は約20名程度で、他のグループ会社ではさらに多くの数の人材が入社をしている。

本社機能と、日本国内事業機能を分けたため、神戸の本社へ就職するためには、株式会社アシックスに就職する必要がある。本社の場合、人材は多国籍であり、国内外で活躍できる人材を多く抱えている。

また、インターンシップも実施しており、競争倍率が高いため参加するのは狭き門ではあるが、商品の生産や、開発、研究職といった内容を体験することができる。

このインターンシップの参加者からの採用も多いため、アシックスの就業を志すならば、インターンシップへの参加を是非ともオススメしたい。

アシックスの今後の展望

2020年の東京オリンピックのゴールドパートナーとなった同社。実際に、その権利をどのように活用していくかによって、大きく明暗が分かれることになるだろう。

大会を通じて、アシックスシューズやオニツカタイガーを、どの層に対して、どれほどの購買を産むことができるかによって、アシックスが世界第3位のポジションを維持できるか否か、展開は大きく変わることになる。

そこで重要になるのは、スポンサードを行うアスリートの確保と、PRチャネルの拡大、そして、大会内でのエンゲージメントの創出だ。

アスリートを確保することにより、選手の結果に応じて、同社は大きな恩恵を受けるだろう。また、デジタルマーケティングや、CMなど、PRチャネルを拡大し、一般消費者のインプレッションを増加させ、大会期間中のリアルイベントなどを通して、顧客のエンゲージメントをどれだけ高めることができるかが鍵となる。

参考:Sports Bussiness Magazine

(編集:Sports Job Journal 編集部)