人口の減少があっても、堅調な伸びを見せているスポーツ市場。2020年の東京オリンピック開催による追い風の中で、今後は他の領域との連携や、相乗効果が期待されている。

今後、より大きな伸びが期待されるからこそ、人材の採用や育成は、非常に重要度の高い話題になっている。

本記事では、今後より重要度が高まるとされるスポーツ関連市場での採用や就職状況について解説を行い、今後の展望を考察する。

スポーツ関連市場とは

スポーツ関連市場とは、大きく3つの分野に大分される。プロスポーツチームによる興行や、競輪や競馬などの「見る」スポーツ。

民間のフィットネスジムや、運動指導といった「する」スポーツ。

そしてスポーツメーカーや、スポーツツーリズムといったスポーツを「支える」産業である。

プロスポーツビジネスや、スポーツメーカーなどは、一般的に生活している中での接点が多いため、イメージがしやすいのではないだろうか。

>>【次ページへ】人気のスポーツメーカーの採用はどうなってるの?

1 2 3 4