皆さんはスポーツトレーナーと聞いてどのようなイメージを持つだろうか?部活で体育会系のの部活に所属していた経験がある方は、トレーニングの補助をしてくれたり、トレーニング後のケアをするような職業といったイメージがあるのではないだろうか。

それもトレーナーの仕事の一つであるが、ほんの一部に過ぎない。

また、少しでもスポーツに関わることができるだけで、やりがいを感じる方もいるかもしれないが、実情は厳しい点も非常に多い。

本記事では、スポーツトレーナーという仕事について、年収や働き方の観点から、スポーツトレーナーという仕事の現状を解説する。

スポーツトレーナーとは?

スポーツトレーナーとは常にアスリートがベストのパフォーマンスを発揮できるようにトレーニングやコンディションを管理する仕事だ。ただ単にトレーニングを指導するだけではなく、選手の怪我やスポーツ障害に対応しなければいけないため、テーピングなどの応急処置はもちろんのこと、医療に関する知識が求められる。

プロのスポーツ選手を担当することもあるこの職業は、プロスポーツ選手やスタッフ以上に詳しい知識を身に付けていなければチームや選手達から、信頼を得ることが難しい。そのため、十分な知見と常に学ぶ姿勢を持ち続けられる力が非常に重要である。

特定の資格を要さない職業であるがために、プロ選手やチームで働くことに関しては競争倍率が高く、高い実務レベルを求められる。

そのため、プロ選手と仕事をしたいと考えている場合は、特定の資格を取っておくことをオススメする。

スポーツトレーナーの平均年収は?

スポーツトレーナーの年収事情は非常に厳しい。

様々なサイト上で、プロチームと契約した場合スポーツトレーナーは300万円-1000万円のレンジで年収を得ることができると記載があったが、そのような現状はほとんどない。

例えば、某J2のチームのトレーナーは、月20万円という給与のみでボーナスなどない。

現場レベルでは、1000万単位の金額が雇われトレーナーで得られることはあまり見受けられない。

それに加え、プロの現場では単年契約が基本的であり、チームの経営状況が悪いといち早く契約を切られやすいという立場にも置かれている。

もちろん海外の大学院に行き、ATなどの日本であまり取得することができない資格を取得した上でキャリアアップをするトレーナーもいるにはいるが、その数は一握り以下である。

年収レンジの内訳は下記のようになっている。

スポーツトレーナーの働き方とは?

近年は、スポーツトレーナーの働き方が多様化している。フリーランスとして様々なアスリートや学校の部活をサポートするといったスポーツトレーナーも増えてきた。

もちろん、フィットネスジムなどで就業している方が基本的には多いが、チームやジムだけでなく一般企業の社員の体のケアをしたりするなど、従来の企業のみでなくスポーツトレーナーのニーズが高まってきている。

大学や専門学校在籍時から、経験を積むことができる環境が増えてきたこともあり、そういった活躍の場を通して、自らの仕事を学生のうちから開拓している者もいるという。

また、近年、教育機関のスポーツ領域における教育水準が世界有数に高まっており、現在の20代でも若くして世界で活躍する選手のケアを専属で担当している者もいる。

したがって、確かに働き方は多様になっているが、スポーツトレーナーを志し、そのレールに乗った瞬間から、競争は始まっているということを認識すべきだろう。

若手の頃から経験を積み、自分に対して投資(お金や時間など)を行ったかどうかが、後々大きなリターンをもたらす可能性が非常に高い領域であることに間違いはないだろう。

スポーツトレーナーで年収1000万円稼ぐには?

それでは、スポーツトレーナーで年収1000万円を稼ぐためにはどうしたらいいのだろうか。

大きく方法としては3つある。それを順に解説していこう。

1.フリーランスとして、様々なチームや個人のトレーナーを兼任する。

プロチームや競技団体といった組織だけでなく、複数の選手のトレーナーとして契約したり、または人材不足で問題となっている部活のトレーナーなどを兼任することで、収入を確保することができるだろう。

文科省が、部活における指導者を教員ではなく外部の専門トレーナーに委託する方針を進めようとしている。そういった社会的な背景を加味すると、スポーツトレーナーの裾野は大幅に広がる。

2. 若い特定の競技のトップ選手に目をつけておく。

現場経験を積む中で、有望な若手選手を把握しておくことも非常に重要である。将来の世界的プレーヤーをいち早く、サポートすることによって、選手との関係値によっては、将来的にその選手をサポートできるポジションに立ち回れる可能性が高くなる。

そうなれば、知名度の高い選手のトレーナーをしていたことによる複利的な仕事も舞い込んでくることも考えられることに加え、トレーナーとしての給与も高く推移するだろう。

3. スポーツトレーナーというポジションをうまく活用する。

スポーツトレーナーは、選手と直接的に関わる職種である。したがって、選手とのコミュニケーションを直接的に摂ることができるため、関係性を築きやすい。そのため、選手に関する仕事など、案件や仕事さえ獲得すれば、マネージャー的な仕事もすることができる。

知見や、活動の幅を広げることによって、トレーナーという立場を活用し、選手をトレーナーとしての立場だけではなく、幅広くサポートすることができるのだ。

最後に

スポーツトレーナーのイメージと現場で行き交う情報の差や、スポーツトレーナーの現状をご理解いただけただろうか。

プロスポーツチームで経営状況がいいチームがあまり多くないため、プロ野球を除いてはプロスポーツトレーナーとして、年収1000万円以上稼ぐことができるのはごく一部だ。

しかし、今後の需要の裾野は非常に広く高くなることも考えられるため、早い段階からトレーナーとしての仕事を個人で獲得していく動きが、将来の自分のキャリアと年収を決めることになるだろう。

少しでも不安や関心がある方は、専門のエージェントに相談することで、自身のキャリアを明確にしていくことができるかもしれない。

ぜひ一度、お近くのエージェントに話をしに行ってみてはどうだろうか。

>>スポーツメーカーの採用状況を見る(マイナビエージェント)

(編集:Sports Job Journal 編集部)